暑い。

2019.08.14

あまり絵の具で顔でも描いて見ようとしたものの。
のけぞる勢いで筆が拒否した。

↓これは良くて、

↓これはいかんのか?

なにが違うんや。
のっぺらぼうにしたら、まぁいっかと。

判断基準になりうる関係性や属性を絵の中から排除したいんだろうなと思う。

光源の設定もなく、一点透視的空間もなく。

それによって、矛盾を矛盾のまま許容する隙間ができて、

枠組みのなかで当たり前の前提としてあるものから、少し距離が取れる気がする。

存在に条件を付け加えてくれるなと。

逆説的に、そこが大変気になっている私なのでしょうけども。